最悪を想定したうえで最善を尽くしましょう!

最善をつくす

日々の仕事において、きっとあなたは最善を尽くしてくれている事でしょう。

ところで、最善を尽くすときに、最悪は想定していますか。
最悪を想像できているでしょうか。

これが出来ている人と出来ていない人の差は大きいです。
なぜなら行動が全く違ってくるからです。

仕事をしていれば、必ず相手がいるはずです。
相手が、常にあなたの思う通りの行動、回答などをするとは限りませんね。

ただ最善を尽くせばいいと思っている人は、
自分の想定外、想像外に対応できません。

その結果、どうなるかと言えば、
瞬間的に間違った行動をとってしまうことがあるのです。

これは言い換えれば、準備力とも言えます。
最悪を想像できていれば、少なくとも心の中では、
当然それに対する準備も出来ているはずです。

仕事では結果が求められている以上、
「最善を尽くしましたが、相手が〇〇だったので、ダメでした」
ばかりを繰り返していたら、あなたの能力を疑われます(笑)

普段の何気ない会話も同様です。
最悪とまではいかなくても、想像することで、
あなたの使う言葉も変わってくるはずですね。

最悪を想定して、最善を尽くす。
つまり、最悪を想像することで、それに対する対応方法、対処方法などを
事前にいくつも準備するようになるのです。

それらを準備したうえでの、最善を尽くすのです。
何も想像せずに最善を尽くすのとでは、最善の内容、レベルが違ってきますね。

これがプロだと思います。

実際には、実践できている人は、あまりいません(笑)
だからこそ、担当業務においては、そういう訓練をしていくことです。

日頃の会話などでも、訓練していきましょう。

あなたの最善は、今までのあなたの経験、知識から導き出されています。
なので、ワンランク上の仕事ぶりを目指すのであれば、
当然、もっと想像することがとても大事になってきます。

常に言っていますが、仕事においても、何が起こるかわかりません。
そして、時間には限りがあります。

知識がいくらあっても、経験がいくらあっても、
実践、実行しなければ何も変わりません。

本当に最悪を想像、想定できている人は、動きが違います。

常に今よりもワンランク上の状態を目指しましょう。
できると信じて目指しましょう。

自分の意志に負けて、自己都合、自己判断で勝手に
制限をかけたりすることを繰り返している人は、
気づけば、年齢だけが増えています(笑)

仕事で、言われたことをやるのは当たり前だし、最低限の勤めです。
それで最善をつくしているとは言えません。

最善をつくすとは、そういうものではありません。

常に最悪を想定しながらも、最善を尽くせる人になっていきましょう。

ところで、当たり前ですが、結果を出す人は、
ただの努力ではなく、正しい努力を周りの人よりも行っているものです。
頑張れる動機は様々でしょうが、メンタル面、学ぶべきことは多いですね。

今日もメッセージを読んでくれてありがとう!

このメッセージを読んでくれたあなたが
少しでも良い方向に進む事を願っています。
応援しています。

このブログを興味がありそうな人に紹介してもらえると嬉しいです(笑)
また、ぜひメルマガにも登録して下さい。

私は本当に運がいい!

感謝!感謝!感謝!

過去の記事一覧

公式メールマガジン

最近の記事

スポンサードリンク

PAGE TOP