あなたを叱ってくれる人、それをどう思うか感じるかで、あなたの今後は大きく変わる!

叱ってくれる人を求めているか。

叱られること、どのくらいありますか。

あなたを叱ってくれる人、周りにいるでしょうか。

誰でも、出来れば叱られたくないでしょう(笑)
まあ、怒られると言ってもいいかもしれません。

叱ると怒るの違いは、とりあえずおいておきます。
とにかく、あなたに対して、何かあれば、、、
すぐに叱ってくれる人、怒ってくれる人、とても貴重な人だと思います。

あなたは、そういう人に対して、ありがたいと感じていますか(笑)
そう思えているでしょうか。

ここでも感謝の気持ちがある人とそうでない人の差が出ますね。
もちろん、その瞬間は、イラッとしたり、
カチンときたりするかもしれませんが、
それでもあえて言ってくれる人、やはり貴重だと思います。

お互いに言いにくいことは、必ずあると思います。

しかし、仕事において、必ず言うべきことは言わなければいけません。

だからこそ、何のために言っているのか、なぜこういう話をしているのかなど、
しっかりと説明したうえで、きちんと叱ること、怒ることです。

叱る側も、できるだけ、そういうことを意識して叱りましょう。
叱るのも、怒るのも、簡単ではありません。
より上手に叱ろう、怒ろうと思えば、これも訓練していくことですね(笑)

ただ、どちらにせよ、受け手側の意識は、もの凄く大事です。
叱る側、怒る側が上手いか下手かにもよりますが、ほとんどは下手です(笑)

だからこそ、受け手側の意識が本当に大事なのです。
揚げ足をとろうと思えばいくらでもとれるでしょう(笑)

出来る事なら、自分から叱ってもらえるような態度をとることです。
そういう雰囲気を作っておくことです。

相手が、言いにくかったけど、叱って良かった、
怒って良かったと思わせる努力をすべきでしょう(笑)

叱られ上手、怒られ上手になる事も、ひとつのスキルです。

あなたに興味がなければ、そもそも怒る事もないでしょう(笑)
無視するのが一番楽なので(笑)

なので、お互いに叱り合える、
怒り合えるような関係性を築けていくといいですね。

そして、指摘されたら、すぐに真摯に受け止め、
改善し、良い方向に活かしていくことです。
それがお互いのためでもあると思います。

ただ叱って終わり、怒って終わりではダメだと思います。
それを受け止めた側が活かしてこそ、プラスのサイクルになるわけです。

簡単ではありませんが、ぜひ、叱ってくれる人、怒ってくれる人、、、
求めていきましょう(笑)

ちなみに、いつもただ叱ってばかり、怒ってばかりではダメでしょうね。
褒めるべきところは、しっかりと褒めることも忘れないようにしましょう(笑)

さて、今日は、暦的には、天空をかける神獣が新しい展開をもたらす
「麒麟日(きりんじつ)」、天からの恩恵が地上に降り注ぐ「天恩日」
障害や問題が勝手に消える「除(のぞく)」だそうです。
変化を見逃さないようにすると良い日のようです(笑)

今日もメッセージを読んでくれてありがとう!

このメッセージを読んでくれたあなたが
少しでも良い方向に進む事を願っています。
そして、応援しています。

ぜひ、メルマガにも登録して下さい!!!

また、 このブログに興味がありそうな人に
紹介してもらえると嬉しいです(笑)

私は本当に運がいい!

感謝!感謝!感謝!

過去の記事一覧

公式メールマガジン

最近の記事

スポンサードリンク

PAGE TOP