目標設定に対する考え方で、目標設定の仕方は大きく変わり、それに伴い行動や得られる結果は全く違ってくる

生きた目標を設定しましょう

今までにも何度も目標を設定してきていると思います。

そのたびに、改善を繰り返し、以前に比べれば
かなり精度の高い目標になっている人もいる事でしょう。

目標の立て方で、その人の仕事のレベルも、
なんとなくわかってしまうものです。

それこそ、出来る人と言うのは、目標の立て方から違います(笑)

あらためてですが、何となく目標を立てている事はありませんか。
そうであれば、全く意味がありませんし、無駄だと思いますよ(笑)

常に言っていますが、どうせやるのなら、やらなければならないのなら、
真摯に向き合うべきです。

100%正解もなければ、完璧はありません。
だからこそ、目標設定、疎かにしてはいけないと思います(笑)

ちなみに生きた目標設定とは、どんなものでしょうか。
何が書かれているのが、生きた目標だと思いますか。

まあこれもいろいろな意見はあると思いますが、
今日はひとつの考え方を書いておきます。

目標には、次の3つが書かれているべきです。
それは、期限、行動、評価です。

仕事において、期限が書かれていないものは、そこでNGですね。
行動、具体的な行動計画が書かれていなければ、実行可能かどうかも
わかりません。

そして評価です。
ここが結構大事なところです。

ここで言う評価とは、目標に向かって行動していく中で、
定期的に達成状況が評価できるシステムの事です。
これが欠けていると、目標達成する確率はもの凄く低くなるでしょう。

このあたりは、目標未達成経験者であれば、
言われなくてもわかる部分だと思います(笑)

ところが、毎回、ここを軽く考えている人は、
中々目標を達成できないのだと思います。

自分自身をチェックする、評価する仕組み、システムを作っておくことです。
また、上司や周りの人からも、同様に評価、チェックするシステムが
出来ていれば、達成する確率はかなり上がるでしょう。

あらためて、今設定している目標、3つの視点が欠けていないか
チェックしてみてください。

どうすれば、どういう仕組み、システムを作れば、目標が達成できるか、
そういう行動がとれるか、自分を律するうえでも、ぜひ考えてみましょう。

目標を立てることは、レベルはバラバラでしょうが、
誰でも立てられますね(笑)
ただ毎回未達成を繰り返す人は、生きた目標となっていないからです。

誰もが自分には甘いです(笑)
だからこそ、都度、進捗状況、達成状況をチェックするシステム、仕組みを
しっかりと確立しておかなければ時間ばかり経過して未達成となるのです。

生きた目標になっているか、今一度チェックしてみましょう。

ちなみに、上記で書いたことは、仕事をかなり意識した内容です。
プライベートな目標であれば、もっと自由に書くのもありです。

但し、本当に達成したいのであれば、やはり、意識すべきポイントは
同じようになるのだと思います。

目標と単なる夢とは、まったく違いますね(笑)
ここを混同しまうと、目標設定をしているつもりで、
いつの間にか目標設定ではなくなっていることは多々あるようです(笑)

目標設定に対する考え方は、それこそいろいろありますし、
そもそも、目標設定なんて全くする必要がないという人もいます(笑)

どの考え方も正解でしょうね(笑)

大事なことは、自分がどうなりたいか、どうなっていきたいか、
もっと言えば、どうありたいかという事だと思います。

そのために目標が必要だと思うのであれば、
まずは、素直に目標を設定してみることです。

仕事においては、必ず結果を求められているわけなので、
目標設定の仕方、自由だけど、とても大事なことだと思います。

今日もメッセージを読んでくれてありがとう!

このメッセージを読んでくれたあなたが
少しでも良い方向に進む事を願っています。
応援しています。

ずばり、お願いです(笑)
このブログを興味がありそうな人にぜひ紹介して下さい。
また、メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。

私は本当に運がいい!

感謝!感謝!感謝!

過去の記事一覧

公式メールマガジン

最近の記事

スポンサードリンク

PAGE TOP