問題意識を持って仕事をしましょう!

問題意識を持って仕事をする

 

あなたはどの程度、問題意識を持って仕事をしていますか?

 

問題意識があるということは、何かしらのゴールがあるということですね。

目標というものかもしれません。

そのゴール、目標と現状の差が、問題意識となっているはずです。

 

言い換えると、目標が高ければ高いほど、現状との差ができるわけです。

 

では、あなたが考えている問題意識には、どのようなものがあるでしょうか。

 

考えればいくらでも出てきそうですね(笑)

ぜひ自分自身で思いつくことを書き出してみて下さい。

 

よくありそうなのが、どうすれば売り上げが上がるか、利益が出るかなどだと思います。

また、時間短縮できないか、効率化できないかなども多いのではと思います。

 

仕事をしていれば、問題意識が全くないと言う人はほとんどいないと思いますが(笑)、

ただ漠然と問題意識を持つだけでは改善はできませんね。

 

継続している問題があるのであれば、もっと掘り下げて考えるべきです。

問題意識はありながら、中々改善できない人の傾向はいろいろありますが、

たとえばいくつか例を上げると、

まず真っ先に浮かぶのは、言い訳から入る人です(笑)

こういう人は本当に多いですね。

 

それ以外では、目標などが未達でも本気で悔しがらない人、

そして、それに慣れてしまっている人です。

これも非常に多いです(笑)

 

慣れと言うのは本当に怖いです。

心のどこかで達成できないことが当たり前、日常になってしまうと、

まず改善することはできません。

 

問題意識は上辺だけで、本気で改善するための行動に繋がることはないからです。

さらに言えば、ゴールがきちんと見えていないということでもあります。

 

問題意識があっても、明確なゴールが見えていない人は、逆算で動きません。

結果が出てから、あわてたり、言い訳したりするわけです。

 

問題意識を持つのは大事なことですが、それは改善するためのスタートでもあります。

仕事では、結果に拘った問題意識を強く持つべきです。

 

そのためにも、ゴールからきちんと逆算して行動しなければならないでしょう。

どんな問題意識を持って仕事をするか、あらためて考えてみましょう。

 

「未達に慣れるな」

 

「成り行きで仕事をするな」

 

「ゴールから逆算して行動しろ」

 

 

ところで、、、

結局、問題意識のレベルが、その人の行動にあらわれ、結果にもあらわれるものですね。

別の視点で見れば、問題意識の高い人が、いわゆる成功する人であり、

問題意識が低い人は、中々成功しない、本人が望むような状況には

中々なれない人になっているのだと感じます。

仕事は、誰もがそれなりの時間を費やしているはずですね(笑)

つまりあなたの人生の一部でもあるわけです。

そう考えると、仕事に取り組む姿勢、考え方が変われば、人生も変わってきます。

もっとスピード感を持ち、強い問題意識を持って、日々臨んだほうが良いと思いますが、、、

あなたはどう思われるでしょうか。

 

さて、ちょっと年末年始を振り返ってみますと、

今年もどこにも出かけず、あまり変わりはありませんでした(笑)

初売りで大きな買い物をするわけでもなく、もちろん福袋を買うこともなく、、、

気づけば、ここ数年恒例になってきた感がある、ブックオフでの大量購入を

したくらいです(笑)その結果、またまた自宅にも会社にも未読の書籍が

積まれることとなりました(汗)もちろん家族には不評です(汗)

 

ここまで読んで頂きありがとうございます!
良ければ過去の記事もご覧ください。
誤字、脱字などあると思いますが、気にせず想像して読んで下さい(笑)
思いつくまま、自由に書いてます。
もし少しでも感じるところがありましたら、
身の周りの人に紹介して頂けるとさらに嬉しいです(笑)

今日も読んでくれたあなたに、、、幸せが訪れますように!
「ありがとう」・・・感謝です。

当社の社員やパート、スタッフは、関わる人を笑顔にするために
日々一生懸命取り組んでいます!

それぞれコツコツと取り組んでいます。各サイトも覗いてみて下さい。
紹介、宣伝など、様々な形で応援してもらえると非常に嬉しいです(笑)
宜しくお願い致します!

過去の記事一覧

公式メールマガジン

最近の記事

スポンサードリンク

PAGE TOP