空気感、雰囲気、その影響はもの凄く大きいです。自ら良い空気を作っていきましょう!

どういう空気を作り出しているか。。。

あなたが作り出している空気、どういうものが多いですか。

空気を作り出すと言われても、、、
という人もいるかと思いますが、
間違いなくあなたも作り出しています(笑)

何事もプラスとマイナス、
陰と陽があるということは何度も伝えていますね。

あなたが作り出す空気も陰と陽があるのです。

陽の空気とは、簡単に言えば、明るい空気ですね。

では、質問です。
あなたは周りにいる人がどういう空気を出しているほうがいいですか。

多分、ほとんどの人は明るい空気ではないでしょうか(笑)

もちろん、どんな人でも暗い時もあるでしょう。
誰にでもプラスの時とマイナスな時がありますね。

それを踏まえたうえで、一緒にいる時間、一緒に働いている時間は、
やはりお互いに明るい空気の中で仕事をしていたいのではないでしょうか。

常に後ろ向きで、暗い空気ばかり作り出している人とは、
あまり一緒に仕事をしたくはないですよね(笑)

では、どうすれば明るい空気、陽の空気を作り出せるでしょうか。

それは言葉の選択です。

どんな状況、状態であれ、使う言葉は自分で選択できます。
そして、あなたが発した言葉は、
少なからずその場に影響を及ぼしています。

何よりも自分自身に影響を及ぼしますね。
たとえばですが、後ろ向きな言葉、
気持ちが暗くなるような言葉を発している時、
あなたの表情は明るいですか。

きっとそうではないはずです。
あなたが発している言葉と、あなたの表情、雰囲気は、
同じようになっているはずです。

それくらい、あなたが発する言葉は、
何よりもあなた自身に影響を与えています。

なので、明るい空気、陽の空気を作り出そうと思えば、
使う言葉を選ぶことです。
陽の空気になるような言葉を選んで使えばいいのです。

但し、これは簡単ではありません。
苦しい時、辛いとき、悲しいとき、嫌な気分の時など、
中々そういう言葉は使えませんね。

だからこそ、逆に意識するのです。
そういう時こそ、少しでも陽の空気になるようにしていくことです。

こういう努力、些細な違いが、大きな差となってきます。
せっかく、言葉を発することができるのだから、
陽になるような言葉を選択していくことです。

自分が作り出す空気、、、
陽の空気を多く作り出せるようになりましょう。

空気感、雰囲気というもの、想像以上に大事であり、
あなたにも、そこにいる人たちにも影響を及ぼしているのです。

冷静に考えればわかりますが、
誰にでも嫌な気分、苦しい時、辛いとき、悲しい時、厳しいときは、
必ずあるし、捉えようによっては日々起こっています。

但し、周りから見たら、そう感じないとか、そう感じさせない人もいます。
そこには、理由があるのです。

ちょっと何かあると、自分から、
陰の空気を作り出している人と陽の空気を作り出す人の違いは
本当に大きいのです。

幸運を引き寄せるのがどちらの人かもあきらかですね。

あらためて、普段自分がどちらの空気を多く作っているか、
再確認してみましょう。

(今日の一言)
ちなみに、人は、楽しい時、嬉しい時は、
誰でも似たような状況、状態になります。

ところが、苦しい時、辛い時、悲しい時、厳しい時は、
人により、もの凄く差があるものです。

行動にも、表情にも、差が出るのです。
つまり、その人にとって逆境の時こそ、大きく差が出るということです。

・今、この瞬間を幸せだと決めるのも、不幸だと決めるのも、
 あなたが決めている。
 どう感じるかは自由だが、人は、自分が感じた通りの行動をとる。
 なので、さらにそれが実現していくことになる。

・「六方拝」というのがあります。
 生かされているのです。お世話になったすべてに感謝することです。

・自分も他人も完ぺきではありません。皆、不完全なのです。
 だからこそ、毎日、少しでも優しい人間になるように努力しましょう。

今日は、「一粒万倍日」、そして「大安」ですね(笑)

今日もメッセージを読んでくれてありがとう!

ブログでは書けない事、書きづらい事など、
また、もう少し踏み込んだ本音なども、メルマガでは書いています。
ぜひこのままメルマガにも登録して下さい。もちろん無料です(笑)

https://maroon-ex.jp/fx92090/JkaC0L

このメッセージを読んでくれたあなたが
少しでも良い方向に進む事を願っています。

そして、応援しています。

また、 あなたの周りにいる人に、
このブログを紹介してもらえると嬉しいです(笑)

私は本当に運がいい!

感謝!感謝!感謝!

過去の記事一覧

公式メールマガジン

最近の記事

スポンサードリンク

PAGE TOP