幸せについて考えてみる

幸せになりたくない人はいないと思いますし、仕事をするのも、
最終的には、幸せになるためと言う人も多いと思うので、
今日はちょっと幸せについて考えてみようと思います。

あなたにとっての幸せとは、、、

仕事をしていれば、日々様々なことが起こります。
もっと言ってしまえば、生きていればいろいろなことが起こるわけです。

何のために働くかとか、働くとは何かとか
仕事とは、会社とは、組織とはなど、あなたも今までに、
何度も考えたりしたのではないでしょうか(笑)

それぞれ様々な角度から突き詰めていくと、幸せというキーワードが
必ず浮かんできます。

ということで、今回は、幸せの条件、幸せになるためには、
幸せを感じるにはなどについて、
最近目にした内容を少しだけ書いてみます(笑)

・人との交流が大事
・内向的な人も外交的に振る舞ったほうがいい
・幸福は主観的なもので、人によってイメージが違う
・ポジティブな感情を多く持ち、ある程度のネガティブな感情を持った状態で
 満足している人が幸せといえる
・単なる労働と考えているよりも、
 人の役に立っていると言う意識の人が幸福感が高い
 人の役に立っていると感じるためには、人との交流が有効
・ 快適と不快
 快適:体の外(柔らかい、便利など)
 不快:体の中(イライラ、不安など)
 快適さ=体の外=際限がない=満たされない
 逆境や不快を受け入れて乗り越えよう。
・ 逆境を乗り越えるには、客観的に自分をみる。
・ 幸福は伝染する
・目の見えないものにも価値を感じられる人ほど、幸せを感じることが多い
・ないものばかりに意識が行くよりも、あるものに意識が行く
・もらう喜びよりも、与える喜び
・偶然と考えるよりも必然と考える
・生きているよりも生かされている
・感謝、謙虚、素直

いかがでしょうか。
何か気になるキーワードなどありましたか。

幸せはなるものではなく感じるものであると言う言葉もありますね。

確かに、幸せになりたいなりたいとばかり言っている人で
あまり幸せになった人はいないように思えますし、そういう人ほど
大切な事に気づいていないように感じます(笑)

だから行動も変わらず、常に無いものねだりになるのでしょう(笑)
またそういう人に限って、素直ではないし努力もしませんね(笑)

ちなみに収入のことを言うと、たとえば年収が、ある一定の金額に達すると
そこからは収入が増えても幸福感はあまり変わらないというデータが
あるようです。

まあお金に関して言えば、あればあるほど、選択肢は増えるので、
やはり多くあった方がいいですね(笑)

どちらにしても、幸せとは物質的な事よりも精神的な部分、心の問題が大きいと思います。

74年前の今日、日本に起こった事を考えれば、
幸せとは何かをあらためて考えさせられますね。

あなたは幸せについて、どう考え、どう思っているでしょうか。

今日もメッセージを読んでくれてありがとう!

このメッセージを読んでくれたあなたが
少しでも良い方向に進む事を願っています。

私は本当に運がいい!

感謝! 感謝!感謝!

過去の記事一覧

公式メールマガジン

最近の記事

スポンサードリンク

PAGE TOP