仕事における共有することの大切さ

共有する力!

周りにいる人と、どのくらい情報を共有できていますか。

あなたはコミュニケーション能力が高いですか。
自信を持ってそう言えるでしょうか(笑)

比較的自信があると思っている人でも、
実際には、自分と相性の良い人だけに限ると言うことは多いですね(笑)

仕事においては、相性の良い人とだけコミュニケーションがとれていても
上手く回りません。特に小規模であれば尚更です。

一緒に仕事をしていて、コミュニケーションが上手く取れていなくて
良い仕事が出来るわけがないですね。

こういうことを本当にあなたは理解できてますか、意識できているでしょうか。

そういう人は、仕事の本当の目的をわかっていないのではと感じます。

これは好き嫌いの問題ではありません。
その仕事に対する目的をしっかりと認識できていれば、
コミュニケーションをとることは必須です。

しかし、現実に中々上手く取れないと言う人もいるかもしれません。
そういう人は、コミュニケーションということを意識するのではなく
情報を共有することを意識しましょう。

組織で、チームで、最高の仕事をしていくためには、情報の共有は必須です。
その共有する内容、レベルが高ければ高いほど、
あちらこちらで普通に起こっている些細な問題はほとんど起こりません。

マニュアル通りの情報を共有するとかの話ではありません。
そんなことは当たり前です。

あなたが考えていることを、相手が考えていることを共有していく努力を
本気でやらなければいけないと思います。

相手が考えている事、どうすればあなたはわかりますか。
相手が伝えてくれるのを待っていますか。

相手の行動からあなたが勝手に判断してませんか、
それは思い込みの可能性はないですか。

逆に、あなたの考えていることを、どうすれば相手にわかってもらえますか。
相手が気づくのを待ちますか。

自分が何度も言っているから、当然相手はわかっていると思っていませんか。

いかがでしょうか。
あなたはどちらの立場にもなるわけですが、
自分を振り返り、本当に共有しようとする行動とれているでしょうか。

どこかで線引きしてませんか。
どこかで諦めていませんか。
どこかで逃げていませんか。

その行為、行動、考え方、結論は、すべてあなたの都合でしかありません。
仕事の目的を本当に達成するためには、まだまだ共有すべき事、
きっとたくさんあると思います。

あらためて言いますが、諦めずに続けることです。
共有しようという強い意識を持って続けることです。

方法、手段は無限にあります。
大事なことは、あなたが諦めずに続けると言うことです。

お互いが、本当の目的を明確に理解し共有することがスタートです。
そこからは、日々、お互いの考えている事、取り組んでいる事、
優先順位、方法、手段など、出来る限り共有していく努力をしていきましょう。

感情は日々大きく動いています。
そしてあなたの行動はその感情に大きく左右されてますね(笑)

だからこそ、その感情さえも共有、理解できるくらいの関係性を
構築できていることがとても大きな差となって結果に繋がります。

共有する力、もっともっと意識して、取り組んでみましょう。
そのためには、繰り返し言っている想像する力も必要になってきます。

1人で仕事をしているわけではありません。
想像力を高め、共有力を高めていきましょう。

最近はあらためて共有する力のことを思うことが多いです。
言いたいのに言わないとか、どうせ言っても聞いてもらえないとか、、、

実際にそういうことはあるでしょうし、
何度もトライしたけど結果は変わらなかったとか、
やっぱり想像した通り聞いてもらえなかったとか、
そんなことはいくらでもあります。

綺麗ごとを言うつもりはありませんが、仕事をしていれば、
理不尽だと思えることにもたくさん遭遇します。

だから諦めるのでしょうか。
だから陰で愚痴ばかり言うのでしょうか。
人の文句ばかり言うのでしょうか(笑)

そんなことを言っていて、時間をそんなことに使っていて、
一瞬、あなたの感情は落ち着くかもしれませんが、
それで何か建設的に変わりますか。良い方向に進んだことはあるでしょうか。

そんなことよりも、共有するということに頭を使ってください。
共有することにあなたの時間を使いましょう。

何のために仕事をしているのか、居心地よく気分良く仕事をしたいのであれば、
周りの人と共有するということを増やしていくことが
もの凄く重要だと思います。

共有することの大切さ、あらためて意識してみましょう。
共有する努力をしていくことです。

今日もメッセージを読んでくれてありがとう!

このメッセージを読んでくれたあなたが
少しでも良い方向に進む事を願っています。

私は本当に運がいい!

感謝!感謝!感謝!

過去の記事一覧

公式メールマガジン

最近の記事

スポンサードリンク

PAGE TOP