信用されるのは、言葉ではなく行動!

きれい事を語るより実行力で信用を集める

あなたの信用力、どのくらいありますか。

あなたの言うことであれば、素直に聴きます、信用しますと
周りの人から、どのくらい思われているでしょうか。

それは相手の気持ちなのでわかりませんね(笑)
ただ、周りの人の行動を見ていると、それがある程度わかります。

これは仕事に限りませんが、あなたが何かを伝えた時、指示した時、
相手がどのくらいのスピードで動いているかを見ればわかります。

当たり前のレベルの事であれば、それなりに誰もが実行してくれるでしょうが、
ちょっと無理を言った時などに、それははっきりします(笑)

あなたに対しての信用力が高ければ高いほど、相手は迅速に動いてくれます。
いつも言っていますが、お互いさまなんです。

相手の動きが悪ければ、それはあなたに対する信用力が
まだまだ低いということでもあり、
逆に言えば、あなたの信用力も相手に届いていないということです。

では、どうすれば信用力は高められるかと言えば、やはり実行力です。
行動で示す以外はありません。

なので、部下や同僚、上司に対して、あるいは、周りの人に対して、
あなたが何かをやると言ったら、必ずやり切らなければいけないのです。

やると言ったらどんな方法でもやり遂げる姿勢を見せていくことです。

もちろん、方針転換などは、かまいません。
いわゆる朝令暮改はあってもいいです。

ただ、そうではなくて、自分が言ったことを実行、実践できていなければ、
周りから信用は得られません。

いくら綺麗ごとを並べても、何かしらで実践、実行している姿を見せなければ、
周りの人は、あなたのことを信用しないということです。

信用力を高めていくことは、影響力を高めていくことでもあります。
つまり、仕事をしていく上では、とても重要なものです。

自分で決めた事、会社で決められた事、まずは最低限、確実にやることです。
そこに言い訳が入る隙間はありません。

行動で信用を集められる人になりましょう。
そして、人柄だけでなく、仕事においても、信頼される人になりましょう。

さて、これも何度も言ってきていますが、
知っている事と行動できている事は違います。

仕事に関して言えば、あなたが在籍している会社のルールについては、
知っているのは当然であり、あとは、行動しているかどうかです。
ほとんどのことは、行動イコール結果となってくるものばかりです。

ルールを踏まえたうえで、さらに創造、想像して、
行動していける人になっていくことが望ましいですね。

働いている、働けていると言うことは行動できると言うことです。
何かで動けなくなってから後悔しても遅いですよ。
動ける自分、行動できる自分に感謝しましょう。

余談ですが、人との繋がりも、ある意味、信用力の差が大きいです。
信用できない人とは、誰も繋がりたくないですよね(笑)

仕事上などで、仕方なく繋がっている人もいるでしょうが(笑)
やはりどうせ繋がっているのなら、信用というものがあるほうがいいですね。

仕事は、人と人が関わりながらしていくことに変わりはありません。
自分自身の行動で、自分自身を示していきましょう!

今日もメッセージを読んでくれてありがとう!

このメッセージを読んでくれたあなたが
少しでも良い方向に進む事を願っています。
応援しています。

もしよろしければ、メルマガに登録してもらえると嬉しいです。

私は本当に運がいい!

感謝!感謝!感謝!

過去の記事一覧

公式メールマガジン

最近の記事

スポンサードリンク

PAGE TOP