希望と不安、どちらを思うかは自分が決めているし、決めた通りの行動をとっています!

希望か不安か。。。

あなたは未来が予測できますか。

たぶん、多くの人は予測できないでしょう。
予測できる人がいたら、こっそり私に教えて下さい(笑)

未来が予測できない、未来はわからないとしたら、
あなたは未来に対して希望を持ちますか不安を持ちますか。

もちろん、バランスは大事ですが、
実際に多くの人は、不安の割合がもの凄く多いようです。

なぜそれがわかるかと言えば、発言です。そして行動ですね。

仕事においてもそれが顕著に表れています。

たとえばですが、言い訳や不平不満、文句ばかり言う人、
それも他人に対して言う人、これも結局、潜在的に不安だからです。

希望の割合が多い人は、他人に対してではなく、
自分に対してと言うスタンスになります。
もっと簡単に言えば、自責思考だということです。

いつまでたっても他責思考、何かあるとすぐに人のせいにする、
その事実、事象を自分にプラスに捉えようとしない、楽なほう、
つまり相手のせいにすることで自分を正当化する人、
相手のせいにして、自分から逃げている人、残念ながらこういう人は、
本当に成長していきません。

希望と不安は表裏一体です。
未来に対して、希望を持って挑戦していく人の方が、
可能性を獲得できる確率は高いでしょう。

逆に不安ばかりで、何も挑戦しない人は、何も変わる事はないですね。
変わらないどころか、多分厳しくなってくるでしょう。

できるかできないかを考え、不安に思って行動しなければ、
何も変わらないと言う事です。
できるかできないかわからないからこそ、
希望を持って挑戦するほうがいいでしょう。

挑戦する、一歩前進してみる、希望を持つ人は、そういう行動をとるのです。

目の前の仕事も同じです。
仕事における、新たな役割、業務、作業もすべて同じ事です。
事実はひとつでも、捉え方はあなた次第なのです。

どうせ分からない未来なのだから、希望を持って進んでみる事です。
やってみることです。

言い訳ばかりして、行動しない事や人のせいや環境のせいなどにして、
プラスに捉える努力をしない人、行動しない人、一番勿体ない事だと思います。

やるかやらないか迷っている暇があったら、希望を持って挑戦してみましょう。
できるかできないかは、やってみなければわからないのです。

いまあなたが取り組んでいる仕事、そもそもできないことではありません(笑)
やると決めて行動すればできることばかりです。

不安は誰にでもありますが、不安に捉われる、縛られる、
引きずられるのはやめましょう。

不安が浮かんだら、どうせ未来はわからないのだから、
希望を持つということを忘れないようにしましょう。

今日もメッセージを読んでくれてありがとう!

こうしてここまでメッセージを読んでくれたあなた、、、
ぜひこのままメルマガにも登録して下さい(笑)

このメッセージを読んでくれたあなたが
少しでも良い方向に進む事を願っています。
そして、応援しています。

また、 あなたの周りにいる人に、
このブログを紹介してもらえると嬉しいです(笑)

私は本当に運がいい!

感謝!感謝!感謝!

過去の記事一覧

公式メールマガジン

最近の記事

スポンサードリンク

PAGE TOP