覚悟の差が行動の差となって表れる。覚悟の大切さを再認識してみましょう!

何とかするという覚悟。

主体性が大事であると言う事は何度も伝えてきています。

あの有名な7つの習慣でも第一の習慣として、
主体的であると言う事が書かれていますね(笑)
それだけ大事な要因であるということです。

知っている人にとっては、今さらという感じかもしれませんが、
本当に意識できているか、実践できているかと言えば、
また別の話かもしれませんね(笑)

仕事においても、ただ受け身で仕事をしていては、
あまり良い方向には進まないでしょう。

既に決まっている約束事、あるいは指示されたことであっても、
それを主体的にやるかどうか、主体性を持って取り組んでいるかどうかで、
結果は全く違ってきます。

日々当たり前にやっている事は、
それほど考えずに実践しているのかもしれませんが、
それすら、もうワンランク上を目指せば、
その取り組み方などを主体的に考えたりできるでしょう。

受け身が習慣となっている人は、誰かが主体的に動くのを待っています。
なので、ちょっと厄介なことなどが起こった場合、
誰かが何とかしてくれるだろうと思って静観しているものです。

トラブルや問題などが起こった時、あるいは、
自分に新たな課題などが突き付けられた時、
無理、出来ないとすぐに言う人、すぐにそういう理由を考えてしまう人は、
まずは、その考え方、そこから抜ける事です。

正直に言えば、こういう思考の人は、成長とは程遠い思考であり、
ある意味論外でもあるのです(笑)

次に、無理、出来ないとはすぐに言わないで、何とかなるかなと考える人です。
つまり、少しは考えてみる人です(笑)

何とかなると考えて、少しでも行動する人であれば、まだいいですが、
考えるだけで、結局、無理な理由、出来ない理由などを考えてしまう人が
多いような気がします。

成長すると言う事、自分自身のレベルアップを本気で考えているのなら、
「何とかなる」ではなく、「何とかする」と考えるのです。
この違いはとても大きいです。

さらに言えば、この「何とかする」という気持ちを漠然と思うのではなく、
その気持ちに覚悟を決める事です。

覚悟を決めれば、また一段考え方も変わってきます。

当たり前ですが、自分自身で何とかすると決めた以上、
あらゆる方法を考え、あらゆる手段を使ってでも、
何とかしようとするはずですね。

別の言葉に置き換えるのなら、結果にコミットするわけです(笑)
ということは、確実に達成できるのです。

ある意味、仕事をするうえでの第一歩でもあります。
主体性を持つ、主体的に取り組む、
そしてそれは「何とかなる」ではなく「何とかする」
という強い意志のうえでということです。

何とかすると言う覚悟、ぜひ少しでも多く意識し、
実践できる人になりましょう。

覚悟の差、本当に大きいし、いくらあなたが口で何と言っていても、
それは、必ず行動に表れているものなのです。

ひとつ注意するならば、仕事においては、
自分勝手、自己都合での覚悟ではなく、
目的に合っている覚悟を持つようにしましょう(笑)

今日もメッセージを読んでくれてありがとう!

こうしてここまでメッセージを読んでくれたあなた、、、
ぜひこのままメルマガにも登録して下さい(笑)

このメッセージを読んでくれたあなたが
少しでも良い方向に進む事を願っています。
そして、応援しています。

また、 あなたの周りにいる人に、
このブログを紹介してもらえると嬉しいです(笑)

私は本当に運がいい!

感謝!感謝!感謝!

過去の記事一覧

公式メールマガジン

最近の記事

スポンサードリンク

PAGE TOP