利他性を養うということ、、、強く意識し実践していきましょう!

利他性を養う。

利他の心が大事だと言う事は何度も伝えてきています。

極論を言えば、これがあるレベルまで養われていれば、身についていれば
人間関係のトラブルなどまず起こりません(笑)

いっしょに仕事をしている人、関わる人と、よくトラブルが起こる人は、
利他性のレベルが低い人ばかりです。

利他性が低い人の口癖は、想像がつきますよね(笑)
だから、トラブルが多くなるんです(笑)

利他性とは、相手を立てる、思いやる、感謝する生き方です。

この3つの意識が低い人は、当然、トラブルが多くなると想像できますね。

これらを意識している人とそうでない人の言葉遣いには明確に違いが出ます。
そして、それが明確に出るのが、自分にとって不都合な時です。

たとえば、仕事をしていて、誰かにミスを指摘された時、
上司に何かを指摘された時などもわかりやすいですね。

あるいは、特に何かを指摘されたわけでもないけれど、
自分が思うように出来ていない時、目標通りに進んでいない時、
体調が悪い時、落ち込んでいる時、辛い時、悲しい時、
などもわかりやすいです。

そういう状況の時にどんな言葉を多く発するか、、、
どういう言葉が多く出てくるかで、その人の利他性はよくわかります。

大前提として感謝の心の意識が低い人は、
ここぞという時に、やはり残念な言葉を多く発するし、
その言葉通りの残念な行動をとってしまいます。

少し話がずれるかもしれませんが、これは戦後の教育の影響でもあるのです。
各家庭での躾に対する教えが減った事、
学校教育での道徳教育の廃止の影響などは大きいです。

もう少し具体的に言うと、「善悪よりも損得を大事にする」
傾向が強くなっているということでもあり、
「俺が俺がの我を抑え、おかげおかげの下で生きよ」という教えの逆が
当たり前になってきているのです。

端的に言えば、倫理観、道徳観の欠如です。

習慣とは、本当に恐ろしいものです。
だからこそ、これからの時代、
あらためて利他性を養う事がとても重要になってきます。

利他性というと、自己犠牲がいいのかと言う人がいますが、
そうではありませんね(笑)

すぐにそういう事を言う人、言い訳、屁理屈、あるいは、
文句、愚痴、悪口などもそうですが、
まさに利他性の低い人の特徴でもあると思います。

お互いに関わりながら仕事をしている、仕事が出来ている、
生きているということに、感謝すればするほど、
感謝できるようになればなるほど、すべてが大きく変わってくるものです。

利他性を養う行動と考え方の習慣、ぜひ身につけていきましょう。

先日もある人と話していて感じたことですが、
何が絶対正解とかはありませんね(笑)
本当に価値観は人それぞれだと思います。

但し、やはり時間の使い方はとても大事だと思います。
どうせなら、なりたい自分に近づくための時間の使い方を
していきたいものです(笑)

(今日の名言)
・その人がかねて心で思っている事、その集積したものが、
 その人の雰囲気を作り、それが結果的には、その人の人柄になっていく

・心の支えとなる人を見つけましょう
 そして、その人の言動や行動、真似てみましょう

・悩みがあるから生きがいもある。
 度数が合わない眼鏡は外していきましょう。

今日もメッセージを読んでくれてありがとう!

ブログでは書けない事、書きづらい事など、メルマガでは書いています。
もちろん無料なので、ぜひこのままメルマガにも登録して下さい(笑)

https://maroon-ex.jp/fx92090/JkaC0L

このメッセージを読んでくれたあなたが
少しでも良い方向に進む事を願っています。
そして、応援しています。

また、 あなたの周りにいる人に、
このブログを紹介してもらえると嬉しいです(笑)

私は本当に運がいい!

感謝!感謝!感謝!

過去の記事一覧

公式メールマガジン

最近の記事

スポンサードリンク

PAGE TOP