後悔するのではなく、反省するように意識してみる、そう心がけていきましょう!

後悔と反省は違う。。。

これも昨日までの内容に繋がることでもあります。
つまり、成果があまり出せない人の特徴でもあるのです。

成果があまり出せない人、、、
そういう人は、結局、後悔ばかりしています(笑)

反省をしていないのです。
だから、後悔することを繰り返すわけですね

反省しない人とは、、、どういう人でしょうか。
それは、過ぎたことをすぐに忘れる人です(笑)
そして、変化を恐れている人、具体的に行動を変えない人ですね。

反省というのは、失敗などした時、ただ後悔することではありません。
また、成果が出せなかったとき、ただ落ち込むことでもありません(笑)

きちんと、その失敗や成果が出なかったことと向き合うことです。
原因を明確にして、どうすれば克服できるか、
改善できるかを考えることですね。

ところが、誰もが、失敗した時や成果が出せなかったときの感情を
早く忘れたいので、すぐに忘れようとしてしまいます(笑)

嫌な感情という事で言えば、
その感情を早く忘れることは構いませんが、
原因を忘れてはいけません。

原因を忘れる前に、具体的な克服方法や対策を決めなければダメなのです。

反省をしない人は、結果だけ見て後悔します。
また、きちんとルールを決めません。
さらに言えば、あまり振り返りをしようとしませんね(笑)

だから、結局、同じような失敗を繰り返し、
結果として、後悔を繰り返すことになるのです。

失敗した時こそ、成果を出せなかった時こそ、
プロセスと向き合うチャンだし、プロセスを学ぶチャンスなのです。

プロセスと向き合ったら、必ず行動を変えることです。
行動を変えなければ、結果が変わることはありえませんね。

プロセスのレベルを上げるからこそ、
同じ失敗をしないようになるわけです。

ミスや失敗、大きいものから小さいものまで含めれば、
誰もが必ず犯します。

なので、都度、、、後悔ではなく反省するようにしてみましょう。
反省すれば、次に活かせます、次に繋がります。

反省のつもりで、実はただの後悔になっていないか、
きちんと反省になっているか、、、

仕事においては、あらためてそういうことを確認しながら、
日々自分を律して、目の前のことに取り組みましょう。

(今日の一言)
後悔と反省、本当にこの差は大きいです。
繰り返しになりますが、後悔を繰り返す人、、、
本当に考えていませんし、行動を変えません(笑)

行動を変えない人を見ていると、
本当にその成果を求めているのか疑問に思いますね(笑)

なんで行動を変えないで、今までとは違う結果が出ると思うのでしょうか。
ましてや、求められている成果が出ると思えるのか不思議です(笑)

行動を変える勇気がないんですね。
もっと言えば、結局、自我が強くて、
謙虚さ、素直さがないという事です(笑)

いつも言っていますが、能力には差がないのだから、
成果を出したければ、行動を変えればいいのにと思います(笑)

・後悔する時間があるなら、今、最善を尽くすことだ。
 言い訳や様々な理由は、後で考えるとほとんど後悔の種である。
 進歩、成長とは、反省の厳しさに正比例する。
 後悔とは過去思考であり、反省とは未来志向のことである。
 自分の欠点を直視し認めることです。
 ただし欠点に振り回されてはいけません。

今日もメッセージを読んでくれてありがとう!

ブログでは書けない事、書きづらい事など、
また、もう少し踏み込んだ本音なども、メルマガでは書いています。
ぜひこのままメルマガにも登録して下さい。もちろん無料です(笑)

https://maroon-ex.jp/fx92090/JkaC0L

このメッセージを読んでくれたあなたが
少しでも良い方向に進む事を願っています。

そして、応援しています。

また、 あなたの周りにいる人に、
このブログを紹介してもらえると嬉しいです(笑)

私は本当に運がいい!

感謝!感謝!感謝!

過去の記事一覧

公式メールマガジン

最近の記事

スポンサードリンク

PAGE TOP