日々振り返りを実践することで気づけることは多い

日記、日誌の効果

どちらでも続けている人は、何かしらの効果を実感していると思います。

明確な言葉の定義からも、違いはある程度理解できると思いますが、
仕事において、成果を出す、目標設定、目標達成という事から言うと、
日誌を書くことがとても有効です。

それはなぜかと言えば、日記は、個人的な感想、あるいは妄想だって、
自由に書けばいいのですが、日誌は、事実を書くということです。

その日の事実をきちんと振り返る事が出来るのが日誌です。

つまり日誌を書くと言う事は、日々、様々な行動を行った結果を計測し、
うまくいったことを言語化して記録し続けることです。

そうすることによって、今まで、適当に思いつきでとってきた行動より、
より早く、より大きな成果を得られる方向に進化していきます。

もしこうした取り組みを行わず、今までと同じようにその時の思いつきで、
日々いろいろなことを行っていき、一切の振り返りもせず、
記録なども取らずにいたら、結果が変わる可能性は上がるでしょうか。

そもそも、ほとんどの場合は、何かをやろうと思いついても、決めても、
いつかやろうと先送りして、結局いつまで経ってもやらないことが多いです(笑)

また逆に、いきなり厳しいルールを設定して、
ガチガチに自らを縛りすぎることによって、
せっかく始めたことも、結局、三日坊主に終わっていく可能性もありますね。

大事なことは、続けていくことであり、日々その行動ができていたかどうか
きちんと把握できること、つまり振り返りをすることです。
そのための日誌です。

日誌を書くことで自信を失ったりしては本末転倒です(笑)

自分が決めた事の振り返りをすること、
つまり、日々、自らを客観的に理解・把握し、それを言語化し、
出来た事、出来なかった事などの事実を正確に認識していくことが
とても重要なことなのです。

言い換えると、日々の現在地が明確にわかるということでもあります。

日誌を書き続けると、こうしたことがあきらかになります。
もちろん、日記の中にこうしたことを盛り込めれば、日記でも構わないのです。

結局、毎日行動しては、結果を観察して振り返り、言語化する、
ということを繰り返すことで、様々な事が見えてくるわけです。

仕事においては、日誌が有効ですが、日記でも、自分の行動の記録を
書き続ければ、どういう時に結果が出るかとか、自分なりの基準みたいな事が
わかってくると思います。

日誌でも日記でも構わないとは思いますが、こういう事に取り組み続けると
間違いなく自分が変わってくると思いますし、自分が想像していた以上の
効果、効能があると思います。

毎日書くと言うことで、ひとつ付け加えるなら、日誌、日記に関係なく、
自己肯定感、自己効力感に関することを1行でも書くといいです。

これを仮に1行でも毎日書き続けることで、
あなたの自己肯定感、自己効力感がもの凄く上がります。

自分を変えていくと本気で思うのなら、この日誌、日記を書くというのは、
とても良い方法のひとつだと思います。

さて、先日もある会議に出席してきましたが、
あらためて会議の質って大事だと感じました(笑)

会議を実施する以上、会議の最低限のルールは明確にしておくべきですね。
そうでないと、本当に時間の無駄になってしまいます。

会議については、目的、ルール、成果など、参加者間で、
定期的に見直しをしてレベルアップしていかないとダメかなと思います。

そして、スピードですね。
何事も相手の想像を超えるスピード感というものを意識しましょう。
レスポンスが遅い人、これからは相手にされなくなると思います(笑)

今日もメッセージを読んでくれてありがとう!

このメッセージを読んでくれたあなたが
少しでも良い方向に進む事を願っています。
応援しています。

もしよろしければ、メルマガに登録してもらえると嬉しいです。

私は本当に運がいい!

感謝!感謝!感謝!


過去の記事一覧

公式メールマガジン

最近の記事

スポンサードリンク

PAGE TOP