成功要因や失敗要因をどう考えるかで行動が変わり、それが次の結果に繋がっていくことを理解しましょう!

成功要因と失敗要因。

あなたは自分の過去を振り返り、成功要因とか失敗要因ということを
考えてみた事があるでしょうか(笑)

成功とか失敗とか、はっきり認識できるほどではない場合でも構いません。

たとえば、順調に言った時、上手くいかなかった時
というようなレベルでも構いません。

そういう時、あなたはなぜそうなったのか、
その理由、原因をどう考えやすいですか。

ここからは一般論ですが、人は、他人が上手く言っている時、成功した時、
運が良かったと思いやすいようです(笑)

そして、自分が成功した時は、
その原因を能力や努力に求める傾向があるそうです。

面白いと思いませんか(笑)

そもそも、私たちに起こる問題のほとんどは、
4つの要素から原因を見出そうとするらしいです。

その4つが、能力、努力、難易度、運です。

こういう人間心理を知っていると、良いコミュニケーションを取ろうと思えば、
具体的に自分がどういう行動をとればいいかわかりますね(笑)

実際の心の中はどちらでもいいのです。
相手には見えませんので(笑)

なので、自分が上手く言っている時ほど、
謙虚に、運が良かったと言えばいいし、
相手が上手く言っているとしたら、努力したんだねとか、
能力があるねと言えばいいわけです(笑)

自分が上手くいかない時こそ、運が悪かったとか、そもそも難易度が高く、
無理なことだったとか、そういう言い訳じみたことは
言わないようにしましょう(笑)

どういう言葉を発するか、
それはそのままあなたの評価、印象に繋がっていくのです。

仕事の難易度と言う事で言えば、上司などからあなたに何かを依頼した時など、
その時点で、あなたにとって難易度が高い内容か低い内容か、
そのくらいはわかっていて依頼、指示しているものです(笑)

まあ実際には、特別難易度の高い仕事の依頼をするケースは
ほとんどないと思います。

ちょっと頑張れば、少し考えれば、出来るレベルの仕事ばかりだと思いますし、
そのくらいの能力は誰もがもっているものです。

どちらにしても、やることすべて上手くいく、順調ということはありえません。
だから努力も必要になるわけです。

自分の結果、他人の結果、それは事実だけ受け止めればいいのです。
そして、それに対してどう思うか、どう考えるかの習慣が大事なのです。

人間関係を良くしていくためにも、
良いコミュニケーションをとっていくためにも、
成功要因、失敗要因をどう考えるか、どういう言葉を発するか、
どういう行動をとるか、こういうこともすべて習慣です(笑)

少しずつでも良い方向に変えていきましょう。

さて、昨日もある動画を見ていて感じましたが、
運がよくなるような考え方、行動はやはり大事ですね。

無意識でしょうが、運がいい人は、
自分でコントロールできる事に意識があるようです。

だからこそ、自分に不都合なことが起こっても、
ちょっと何かあっても、不満を持ち続けるのではなく、
切り替えられるのかなと感じました。

今日もメッセージを読んでくれてありがとう!

このメッセージを読んでくれたあなたが
少しでも良い方向に進む事を願っています。
そして、応援しています。

ぜひ、メルマガにも登録して下さい。
また、 このブログに興味がありそうな人に
紹介してもらえると嬉しいです(笑)

私は本当に運がいい!

感謝!感謝!感謝!

過去の記事一覧

公式メールマガジン

最近の記事

スポンサードリンク

PAGE TOP