ワクワクを待っていてはいけません。ワクワクというもの、自分で見つけ、自分で生み出していきましょう!

ワクワクを生み出す。

自己啓発系のセミナーなどに参加すると、
「ワクワクが大事です。ワクワクすることをやりましょう」
などと言われていることが多いですね。

さらに「ワクワクしないことは無理してやる必要はないです」
という人も多いです(笑)

書籍などでも、そういう事が書かれているものが
増えたような気がします。

確かに、人はワクワクしてやるほうがいいでしょうし、
パフォーマンスも違ってきますね。

では、あなたの日常にワクワクすること、
どのくらいありますか。。。

普通に生活していて、毎日仕事をしていて、
どのくらいワクワクすることがあるでしょうか(笑)

多分、ほとんどの人は、
「そんなことはあまりない」というのではないでしょうか。

ワクワクすることが大事だと聞いて、確かにと思いながら、
ほとんどの人はそれを待つのです。
そういうことがあらわれるのを待ってしまうのです。

そして、日々の仕事において、そういうことがないと、
ちょっとした何かのきっかけで、自分には向いていないとか、
これは好きなことではないとか考えだします(笑)

ワクワクしないからと、そういう方向に進みやすいのです。

ワクワクしないから、積極的にやる必要はないとか、、、
なぜかそういう方向に思考が進みます。

しかし、よく考えてみてください。
ワクワクすることが、誰にでもそんなには起こらないですよね(笑)
特に仕事であればそうではないでしょうか。

ワクワクというキーワードを聞いたとき、その言葉だけが耳に残り、
大切なことを聞いていないのです。
それは、ワクワクすることは自分で生み出すという事です。

特に仕事においては、
100%好きなことだけやっているという事はあり得ません。

また、周りにいる人が全員好きな人ばかり、
自分と相性の良い人ばかりということはないのです。

同じ目的や目標に向かって仕事をしている
という共通点はあるでしょうが、
細かい部分では、譲れないことや理解できないことも多々あります。

そんなことは当たり前だと思いますが、
ワクワクを外にばかり求める人は、
そういうことから、自分を負のループに進めてしまいます。

ワクワクする環境ではないとか、
ワクワクする人たちではないとか、
ワクワクする仕事ではないとか、、、(笑)

だから、あなたはどうするのでしょうか。

小さなことからでもいいので、
自分でワクワクを生み出す努力をしていますか。

逆に言えば、あなたの行動は、
周りの人をワクワクさせているでしょうか。。。

どんな環境、どんな状況であれ、
自分でその中にワクワクを生み出し、行動できる人は、
さらにワクワクするようなことが起こります。

信じようが信じまいが、これは真理です。

まずは、自分でワクワクを生み出せる人になりましょう。
日々の些細なことでもいいので、
ワクワクするように仕組化するとか、ゲーム化するとか、
今いる環境、状況の中で工夫してみることです。

視点を変えれば、工夫すれば、仕組を変えれば、
自分の習慣を変えていけば、、、
ワクワクすること、いくらでも生み出せます。

待っていても変わりません。
自ら変えていくのです。変わっていくことです。

目の前の仕事、ワクワクする、ワクワクしない、
楽しくない、楽しんでやる、
すべてあなたが決めているということを忘れないことですね(笑)

自分の視点がすべてを決めていきます。

(今日の一言)
好きなことだけやりましょう、嫌なことは無理にやらなくてもいいです。
という事が、本当にいろいろなところで言われています。

これは平成の後半ごろから特に言われ始めましたね(笑)
多様性という事が言われ始めたり、ありのままでいいと言われたり、、、
誰にでも情報が簡単に入り、選択肢が増えてきたこともその要因でしょう。

ある意味これは正しいですし、
自分の人生、そうあるべきだとも言えるでしょう。

しかし、そうなるためには、そこにたどり着くには、
そのための道があるのです。

なんでもかんでも我慢しろとか、無条件に嫌なことをやれとか、
そういうことを言うつもりはありませんが、
本質を見ずに勘違いはしないでほしいですね(笑)

・自分の心を喜ばせる、自分の心を楽しませる、
 常にそういう考え方をするのが、自分の義務だと思うことです。
 自分の機嫌は、自分の気分は、自分で上げることです。

今日もメッセージを読んでくれてありがとう!

ブログでは書けない事、書きづらい事など、
また、もう少し踏み込んだ本音なども、メルマガでは書いています。
ぜひこのままメルマガにも登録して下さい。もちろん無料です(笑)

https://maroon-ex.jp/fx92090/JkaC0L

このメッセージを読んでくれたあなたが
少しでも良い方向に進む事を願っています。

そして、応援しています。

また、 あなたの周りにいる人に、
このブログを紹介してもらえると嬉しいです(笑)

私は本当に運がいい!

感謝!感謝!感謝!

過去の記事一覧

公式メールマガジン

最近の記事

スポンサードリンク

PAGE TOP