何に悩んでいるのか、、、悩みの負のサイクルにならないように注意しましょう!

何に悩むか。。。

あなたにも悩みがあることでしょう。

悩みを言い出したらきりがないという人もいるかもしれませんね(笑)

そもそも何で悩んでいるのでしょうか。
何に対して悩んでいるのでしょうか。。。

先日書いた不安にも通じることですが、ネガティブな思考状態に
時間を使いすぎるのは、良いこととは言えません。

悩んでいるなと感じた時こそ、その悩みを分解していく、
ひとつひとつわけて考えてみることです。

ちなみに、悩みにも種類があるそうです。

そのひとつが執着です。
執着における悩みです。

たとえば、あなたに起こった不愉快な出来事を
ずうっと忘れずに悩んでいるとか、、、
誰かに言われた事をずうっと悩んでいるとか、、、

そういうケースあるのではないでしょうか。

悩みも、心の反応です。
反応なので、次の刺激が起これば、その前の反応は本来消えるはずです。

ところが、執着があるものは消えないのです。
受けた刺激を記憶するわけです。

記憶している状態が続いていると、それに対して、
また心が反応するのです。

言い換えれば、その記憶を、その感情を忘れないように、
心が反応し続けるのです。
まさに、執着していることで起こる心の反応、つまり悩みなのです。

何かに執着すること自体が悪いわけではありませんが、
上記のような流れなので、少なくとも、マイナスな感情につながるような、
悩みになるような執着はやめるべきですね(笑)

そもそも、心の反応は、次から次へと新しいものに反応していきます。
なので、執着のない自由な心の状態をつくることも可能なのです。

悩みの多くは、執着から生まれているということを、
あらためて再認識してみましょう。

そして、今のあなたの悩みが、本当に必要な悩みなのか、
すぐにでも消したほうがいい執着からくる悩みなのか、、、

そんなことを考えてみるのもありだと思います。

(今日の一言)
感情があるので、悩むことは誰にでもあるでしょう。
心の反応でもあるので、瞬間、瞬間、
見方によっては悩みに繋がっているとも言えますね。

大事なことは、やはり何に悩んでいるか、
それを悩むことで、どうなっていくかを
しっかりと想像していくことかもしれません。

悩みも、分解したり、根本原因をどんどん突き詰めていったりすると、
そういう作業を繰り返していると、
本当にやるべきことなどが見えてきたりしますね。

どちらにしても、悩みはゼロにはならないでしょうし、
次から次へと起こるでしょう。
だからこそ、向き合い方、考え方、普段から準備しておくことですね。

悩んでいることに、さらに悩むというように、
悩みの負のサイクルに悩むことがないように注意しましょう(笑)


・悩みは生きている証拠です。
 悩んだら行動です。
 感情が悩みに支配されている時間は、本当に勿体ない。
 ほとんどの事は大丈夫、心配し過ぎるな、なんとかなる。
 自分が出来る努力をするだけ。私の義務は努力することだけだ。

今日もメッセージを読んでくれてありがとう!

ブログでは書けない事、書きづらい事など、
また、もう少し踏み込んだ本音なども、メルマガでは書いています。
ぜひこのままメルマガにも登録して下さい。もちろん無料です(笑)

https://maroon-ex.jp/fx92090/JkaC0L

このメッセージを読んでくれたあなたが
少しでも良い方向に進む事を願っています。

そして、応援しています。

また、 あなたの周りにいる人に、
このブログを紹介してもらえると嬉しいです(笑)

私は本当に運がいい!

感謝!感謝!感謝!

過去の記事一覧

公式メールマガジン

最近の記事

スポンサードリンク

PAGE TOP