成果と結果の違いを認識する、、、仕事では成果を求めて行動しましょう!

明確に成果を意識する。

あなたは仕事をしていて、日々成果を出せていますか。

あなたが求めるあなた自身の成果、また、会社が求めるあなたへの成果、
出せているでしょうか、、、

仕事では、成果が求められます。

結果は出せているけど、成果とまでは言えない、、、
という人もいるのではないでしょうか。

もちろん、日々の様々な取り組みによって、
いろいろな結果が得られていくわけです。

会社から求められている結果が出ていれば、
それは成果と呼んでもいいでしょう。

しかし、求められているレベルではなく、
自分自身の中で満足するレベルであれば、
それは成果ではなく、ただの結果ですね(笑)

結果にも、良い結果と悪い結果がありますし、仕事においては、
次の成果につながるような結果であれば、それは必要な結果とも言えます。

あらためてよく見てみると、ほとんどは、
成果ではなく結果のことが多くないですか(笑)

成果のように見えるけど、限りなく結果に近いものが多いように思います。

求められている結果、つまり成果を上げていくためには、
やはり、正しい努力をすることが必須です。

正しい努力とは、つまり正しい行動です。

では、あらためて問いますが、正しい行動をするために、
あなたはどういう取り組みをしているでしょうか。

成果が出ない人は、この正しい行動というものをあまり考えていません。

過去の常識で、あるいは、自分の判断基準で、
何も疑うことなく日々仕事をしていたら、
今以上の結果が出ることはないですね。

ただの結果ではなく、成果に変えていくには、、、

あきらかな成果を出していくためには、常に行動していくことだし、
行動のレベルを上げていくしかないのです。

そして、行動のレベルを上げていくためには、
知識はもちろん、考え方のレベルも上げていく、
更新していく必要があるということです。

だから、常に学び続ける必要があるのです。

単なる結果と成果の違い、しっかりと認識し、
会社から求められている、周りから求められている成果を
少しでもあげていけるように、
日々の取り組み方を変えていきましょう。

(今日の一言)
成果を明確に意識することはとても大事です。
それがないと、なんとなくの結果を意識することになります。

もちろん、良い結果を意識して、仕事をすることは大事なのですが、
単なる良い結果と成果は、まったく違うという事です。

また、成果を明確に意識できていると、悪い結果が出た時にも
その結果に対する改善策や反省点など、見極め方が違ってきます。

結果を出すための方法、手段は、それこそいくらでもあります。

せっかくその方法、手段を考えるのなら、そして、取り組むのなら、
明確に成果を意識して実践、行動しましょう。


・やらされ仕事では成果は出ません、
 やる気になって取り組むからこそ成果が出るのです。
 声は大きく、動作は素早く。
 改善は自分のためにやる、改善すると無駄が見える、改善に終わりはない。

今日もメッセージを読んでくれてありがとう!

ブログでは書けない事、書きづらい事など、
また、もう少し踏み込んだ本音なども、メルマガでは書いています。
ぜひこのままメルマガにも登録して下さい。もちろん無料です(笑)

https://maroon-ex.jp/fx92090/JkaC0L

このメッセージを読んでくれたあなたが
少しでも良い方向に進む事を願っています。

そして、応援しています。

また、 あなたの周りにいる人に、
このブログを紹介してもらえると嬉しいです(笑)

私は本当に運がいい!

感謝!感謝!感謝!

過去の記事一覧

公式メールマガジン

最近の記事

スポンサードリンク

PAGE TOP