工夫する、、、成果を出すために工夫するという事、もっと意識してみましょう!

成果を出すための一工夫。

昨日、成果と結果について書きましたので、
今日は、その成果を出すためのことについて少し書いてみます。

成果を出すために、あなたはどんな工夫をしていますか。

方法、手段、いろいろあるでしょう。
これまでにあなたが学んできたことで、
それを活かして工夫していることなど、何があるでしょうか。

成果が出ない人にも、いくつかのパターンがあります。

まず、無計画型の人。

本人はそんなつもりはないでしょうし、
それなりの計画をしているつもりなのでしょうが、
その計画がお粗末すぎる人です。

どういう人かと言えば、スケジュールをたてるのが苦手な人、
段取りが悪い人、優先順位のつけ方が下手な人などが該当します。

いくら一生懸命やっていても、段取りが悪ければ、無駄は増えるし、
結局、努力が無駄になることは多いです。

そして、この段取りが悪い人は、
何が原因で段取りが悪くなるのかと言えば、
優先順位がつけられていないからなのです。

仕事においては、予定通りという事は少ないですし、
それこそ現場では、
日々イレギュラーなことも起こるでしょう。

つまり、都度、優先順位が微妙に変わることも多々あるのです。
そこをきちんと把握、意識できていないと、結局、段取りに影響も出るし、
スケジュールにも影響が出てくることになるのです。

ということは、成果が出る確率は、どんどん低くなっていくわけです(笑)

その時に、やるべきこと、やらなければいけないこと。
この判断が、少しずつでもずれてくるだけで、結果は大きく変わりますね。

こういうタイプの人、つまり今日言うところの無計画タイプの人は、
あらためて、次のことを徹底して意識することです。

・期限を決める
・重要な仕事、重点を置く仕事を選ぶ
・緊急度、ピンポイント行動を明確に意識する

こういうことを徹底して意識できてくると、
必然的に優先順位がずれることも少なくなるし、
段取りを間違う確率も減ってくるでしょう。

成果を出せない人のパターン、今日はひとつだけ書きましたので、
少しでも該当する部分があれば、ぜひ実践してみて下さい。

(今日の一言)
成果を出せない人のパターン、まだまだあります(笑)
また次回以降で、別のパターンを取り上げて書いてみたいと思います。

どちらにしても、ただ一生懸命やっているだけではダメなのです。
いつまでもそれだけでは通用しなくなるのです(笑)

ぜひ、今の取り組み方にひと工夫加える、
新たにちょっとした工夫を取り入れてみましょう。

今日は一粒万倍日ですね(笑)


・工夫は無限にある。
 完璧はない、だからこそ、常に工夫することを意識する。
 努力を重ね、工夫を重ねるから成果が出る。
 行動しながら考える。
 失敗や経験から学び、工夫して、活かすことが大事である。

今日もメッセージを読んでくれてありがとう!

ブログでは書けない事、書きづらい事など、
また、もう少し踏み込んだ本音なども、メルマガでは書いています。
ぜひこのままメルマガにも登録して下さい。もちろん無料です(笑)

https://maroon-ex.jp/fx92090/JkaC0L

このメッセージを読んでくれたあなたが
少しでも良い方向に進む事を願っています。

そして、応援しています。

また、 あなたの周りにいる人に、
このブログを紹介してもらえると嬉しいです(笑)

私は本当に運がいい!

感謝!感謝!感謝!

過去の記事一覧

公式メールマガジン

最近の記事

スポンサードリンク

PAGE TOP