ないものねだりばかりするな、、、簡単に諦めずに、考えて考えて進んでいきましょう!

ないものねだりをするな。。。

簡単に諦めるなということ。
諦めない姿勢がもの凄く大事であるという事です。

今年を振り返ってみても、一向に収束しないコロナの影響などもあり、
また、様々な事情により、多くの企業がピンチに立たされています。

しかし、何十年も前からピンチが続いている中で、
生き残ってきた会社もありますね。

今日はそういう意味でも参考になればと思い、
私自身が、以前何かで目のしたことがある事例を書いておきます。

内容に大きな間違いはないとは思いますが、
もし事実と違っていたら、あるいは、現状は全く違うとしても、
この記事を書くにあたり、悪気はないので、ご容赦ください。

あくまで、ないものねだりばかりするな、簡単に諦めるな
という事での参考だと思ってください。

千葉県に銚子鉄道という鉄道があります。
日本で一番貧乏な鉄道だとか言っていた人もいます。

事実として、ここ数十年にわたり、
日本で多くの路線が廃線になっています。

そういう中で、なぜこの鉄道は、
踏みとどまっているのでしょうか。
どこが違うのでしょう。

銚子鉄道はお金がなく、投資も出来ないので、
車両もタダ同然で、他社のお下がりである。

たとえば、後進国に行くと日本の中古のバスや車両が走っていますが、
まさしくその風景です。

親会社が倒産したり、横領で2億円がなくなったり、
東北の大震災で大きな被害を受けたり、、、
何度も危機を乗り越えてきました。

お金が無かったから、売れるものは何でも売る
という伝統が生きづいているようです。

コロナで資金的にピンチになり売ったのは、
倉庫に眠っている記念切符などを
廃線危機救済セットやお先真っ暗セットなど、
普通では使わない衝撃的なネーミングで売っています。

実際に、それが売れて給与の遅延が免れたということです。

こういうアイデア、とても素晴らしいですね。
とにかくこの会社は、社員に色々なアイデアを出させ、
NOとは言わずやってみているということです。

絶対に否定的なことを言わない。
だからみんなが意見を出し合う。
お金がないのは、全社員が分かっており会社愛が溢れている。

みんながアイデアを出し合い、1つの方向に向かっている。
最近で言うところのワンチームである。

絶対に諦めないで、どこかに必ず突破口があると信じて前を向いて
全社員一丸となり苦難を乗り越えようとしている。
だから今までも生き残れたということのようです。

さらっと書きましたが、いかがでしょうか。

今のあなたの状況どうですか、、、
見習うべきこと、多くあるのではないでしょうか。

当たり前ですが、この会社とあなたの会社では、
きっと業種も違うし、環境や状況は全く違うでしょう。
だからこそ、ヒントも多くあると思います。

本当に追い込まれると、人は本気で考えます。
そういう意味では、まだまだ本気になっているとは思えない人
とても多いですね(笑)

逆に言えば、本気になっていない人は、
まだまだそこまで追い込まれているわけではないとも言えます。

であるならば、今のうちです。
明日はどうなるか誰にもわかりません。

だからこそ、試行錯誤、工夫、改善して取り組めることは、
どんどんトライしていきましょう。

無いものねだりを言ってもしょうがないです(笑)
いつ収束するかもわからないコロナ禍という現状を受け入れて
その中で出来ることを、
もっともっと想像して全力でやっていくことだと思います。

それを続けている人、そういう人が集まっている会社だけが、
未来が開けてくるのだと思います。

(今日の一言)
たまには、こういう実例を書いてみるのもありかなと思いました。
この鉄道会社、知っていましたか、、、(笑)

何度かテレビなどでも取り上げられたこともあるので、
それなりに有名だとは思いますが、
こういう会社は、ほかにもたくさんありますね。

会社に限りませんが、すべてそろっているなんてことは、
まずないです。

結局、自分自身の捉え方や考え方、そして、行動次第だという事でしょうね。

今日もメッセージを読んでくれてありがとう!

ブログでは書けない事、書きづらい事など、
また、もう少し踏み込んだ本音なども、メルマガでは書いています。
ぜひこのままメルマガにも登録して下さい。もちろん無料です(笑)

https://maroon-ex.jp/fx92090/JkaC0L

このメッセージを読んでくれたあなたが
少しでも良い方向に進む事を願っています。

そして、応援しています。

また、 あなたの周りにいる人に、
このブログを紹介してもらえると嬉しいです(笑)

私は本当に運がいい!

感謝!感謝!感謝!

過去の記事一覧

公式メールマガジン

最近の記事

スポンサードリンク

PAGE TOP