仰ぐべき師を持ちましょう!

仰ぐべき師がいるか

師とは、師匠、先生、などのことです。
ここ10年くらいは、メンターという言葉も
多く聞かれるようになってきています。
なので、メンターというほうが、しっくりくる人もいるかもしれませんね(笑)

まあ表現方法は、どれでもいいですが、
あなたにとっての師匠とは、先生とは、メンターとは誰でしょうか。
そういう人はいるでしょうか。

簡単に言えば、あなたにとってお手本にしている人という感じでしょうか。

誰もいません。1人だけいます。たくさんいます。
答えは人それぞれでしょう。

そういう人がいると、無意識にその人を真似ようとかしているものです。

何が言いたいのかと言うと、学ぶべき対象、真似るべき対象は
あったほうがいいということです。

無理やり特定の人を設定する事がいいとは思いませんが、
お手本があるほうが、イメージしやすいですね。

身近な人でも、部分的に見れば、
お手本にすべき事は、いくらでもあると思います。

そういう部分を積極的に取り入れていく、真似ていく、
そういう姿勢が大事だと思います。

もちろん、そのうえで、大きなくくりで、師と呼べる人、そう思える人がいると
さらにいいのかなと思います。

こういう人になりたいとか、ああいうふうになりたいなど、
強く思えば思うほど、そこにたどり着くための行動をとるようになるものです。

何も思わず、何も学ばず、何もしない、
これでは、成長することはないですね(笑)

古典と呼ばれるものの中に、「人に三不詳あり。幼にして~」
と続く言葉があります。

これは、人には3つのよくないことがある
幼いのに年長の人につかえようとせず、
卑賤なのに貴い人につかえようとせず、
愚かなのに賢者につかえようとしない
という事です。

師と仰ぐ人がいれば、こういうことにはなりませんね(笑)

日頃、何を考え、どう解釈しているか、
そういうことが、そのままあなたの行動になっています。

あなたの師は誰でしょうか。。。

さて、地域によっては、いよいよ梅雨入りしています。
明日にかけては、大気の状態もかなり不安定なようで、
かなり激しく雨が降る場所もあるようです。

雨の降り方も、年々異常になってきているようにも思いますので、
最大限に想像し、準備することが大切ですね。

今日もメッセージを読んでくれてありがとう!

このメッセージを読んでくれたあなたが
少しでも良い方向に進む事を願っています。
そして、応援しています。

ぜひ、メルマガにも登録して下さい!!!

また、 このブログに興味がありそうな人に
紹介してもらえると嬉しいです(笑)

私は本当に運がいい!

感謝!感謝!感謝!

過去の記事一覧

公式メールマガジン

最近の記事

スポンサードリンク

PAGE TOP