叱られ上手になりましょう!

叱られるうちが華

 

あなたは仕事で叱られていますか。

あなたを叱ってくれる人が周りにいるでしょうか。。。(笑)

 

最近では、なんでもかんでも褒めて伸ばすという事が言われ、

また時代の流れもあり、打たれ弱い人が増えているせいか、

叱られることが少なくなっていると思います(笑)

 

叱られるのは、気分がいいものではありませんね(笑)

できることなら、叱られるよりも褒めてもらいたいと思うのは素直な感想でしょう。

 

しかし、仕事をしていれば、叱られることもあると思います。

長い間、全く叱られることなく、仕事をしてきている人っているのでしょうか。。。(笑)

 

立場や経験に基づき、あなたが叱る側になることもあるでしょう。

あなたは人を叱る時、どういうことを考えているでしょうか。。。

 

真剣に人を叱る時って、どういう時でしょうか。。。

 

叱るには、必ず理由があるはずです。

その日の気分だけで怒ったり、怒鳴ったりしている人とは、間違いなく違うはずですね(笑)

 

あなたは叱られた時、一瞬、イラッとすることもあるでしょうが、

そんな時こそ、冷静に考えてみて下さい。

 

なぜ叱られるのか、、、

 

叱られると言うことは、期待されている事でもあるはずです。

もっともっと出来るはずとか、まだまだ出来るのにとか、、、

 

叱る側の意図している事と違う結果によるところが多いです。

たとえば、いい加減な態度であったり、怠慢な行動であったりするわけです。

 

大事なことは、叱ってくれる人に対して、どういう行動をとるかですね。

それは言い換えれば、あなた自身がどうなりたいか、

ゴールをどこに設定しているかということでもあります。

 

いい加減なゴールを設定している人は、素直に聞かずに、行動もあまり変えないでしょう。

本気で取り組んでいる人ほど、すぐに指摘されたことを見直すでしょうし、

それに対する行動を起こすでしょう。

 

どうでもいいと思っている人に対しては、真剣に叱りません。

適当に怒ったり、怒鳴ったりして、やり過ごすことでしょう(笑)

もっとひどい場合には、無視すると思います。いわゆる無関心と言うやつです。

 

あなたは、同僚、上司、部下など周りにいる人にどのくらい関心を持たれていますか。

あなたのことを、どのくらいの人が気にかけてくれているでしょうか。。。

 

仕事は、人と人で成り立っています。

会社も当然、人で成り立っています。

 

お互いが無関心であり、自分の事ばかりという雰囲気、空気感のある会社は

きっと業績もよくないのではと思います。

逆に、お互いに関心はあるけど、仕事に対しては、厳しいことも言えず、

なあなあの雰囲気、空気感のある会社も同様だと思います(笑)

 

仕事に限りませんが、様々なことに対して未熟な部分は多いはずです。

そう考えれば、叱る人、叱ってくれる人がいることは、

ありがたいし、幸せなことでもあると思います。

 

ここでも素直さは、もの凄く重要なキーワードになりますね(笑)

 

「人を叱るな。仕事を叱れ。行為や態度を叱れ」

 

「「叱る」と「褒める」というのは同意語だ。情熱や愛情が無いと、

  叱っても、ただ怒(おこ)られているというとらえ方をする」

 

「叱るのは、いつかほめるための準備」

 

ところで、、、

振り返れば、年齢が上がるにつれて、叱られることが少なくなりましたね。

会社などでは、立場が上だと、ほとんど叱られることはなくなります。

しかし、ここで勘違いしてはいけないと思います。

叱ってくれる人がいなければ、尚更、自分自身を律していかないとダメになっていきますね(笑)

学生時代は怒られてばかりいましたが、社会人になってからは、ただ怒られているのと

叱ってくれているのと、なんとなく違いが感じられるようになったかなとも思います(笑)

そういう部分も、自分自身がどれだけ素直になれるかということで、

全く捉え方も違ってきますね。素直さと言うのは、本当にもの凄い武器になると感じます。

当然、素直に聞くだけでなく、それを行動に移しての話ですが、、、(笑)

 

さて、昨日は節分で、今日は立春です。

月日が流れるのは、本当に早いですね。

昨日聞いた話の中で、明日は生きているかわからないので、今日を必死に生きるだけ、

仕事でも先延ばしになんて考え方はしていられないというようなことを言われてましたが、

まさに同感です。誰も明日のことはわかりません。だからこそ、

目の前のことに一生懸命取り組むしかないのでしょうし、今を大切に、

目の前にいる人を大切にしていくことが、とても大事なんだと思います。

そう考えると、必然的に感謝の気持ちが大きくなってくるものだと思います。

みなさんはいかがでしょうか。。。

 

ここまで読んで頂きありがとうございます!
良ければ過去の記事もご覧ください。
誤字、脱字などあると思いますが、気にせず想像して読んで下さい(笑)
思いつくまま、自由に書いてます。
もし少しでも感じるところがありましたら、
身の周りの人に紹介して頂けるとさらに嬉しいです(笑)

今日も読んでくれたあなたに、、、幸せが訪れますように!
「ありがとう」・・・感謝です。

当社の社員やパート、スタッフは、関わる人を笑顔にするために
日々一生懸命取り組んでいます!

それぞれコツコツと取り組んでいます。各サイトも覗いてみて下さい。
紹介、宣伝など、様々な形で応援してもらえると非常に嬉しいです(笑)
宜しくお願い致します!

 

 

 

 

過去の記事一覧

公式メールマガジン

最近の記事

スポンサードリンク

PAGE TOP