何となく仕事をするのではなく、最初に終わりをイメージしてからスタートする!

最初に終わりを思い描く。

あなたは日々の仕事について、終わりを描けていますか。

終わりをきちんと描けているからこそ、逆算して、
時間配分をして、計画的に、物事に取り組めるのです。

何となく取り組んで、時間が来たから終わりというような仕事の仕方、
まさかしていないですよね、、、(笑)

と言いながら、ほとんどの人は、毎日そんな状況で仕事をしている人が
多いと思われます。

仕事には期限があります。
ビジョン、ミッション、目的、目標、
これらを明確にするのには理由があるのです。

こういうものが明確になっていなければ、
なんとなくの価値観で日々仕事をしていることになります。
それでは困りますし、そういう人が目標を達成する可能性は
やはりもの凄く低いでしょう。

毎日仕事をしていれば、気持ちが乗らずになんとなく過ごしてしまう日も
あるかもしれません。しかし、それが続いていてはダメだし、
ただ流れに身を任せるような仕事をしていたら、
きっと何も変わらないでしょう。

自分の体力、気力、知力などが充実していない時、
自分自身を上手く動かす事が中々出来ないと思います。
つまり、終わりを描くどころではありませんね(笑)

なので、まず、終わりをきちんと思い描く事から始めましょう。

その仕事の終わりはいつですか、その仕事の最終形はどんなものですか。
それが、あなたの個人的な価値観では困ります。

会社の方針、指針に合っていますか。
上司やチームの方針、指針と合っていますか。

思い描いている終わりが、ずれていたら、間違っていたら、
行動もそれに伴うので、結果もきっとNGですね。

だから、行動がずれないように、間違わないように、
終わりを明確に思い描くことから始めるのです。

目標設定を具体的に最初に設定すると言うのも、
そういうことでもあるのです。

仕事は趣味やボランティアではありません。
まだまだあなたの価値観だけで動いていたら、
会社からみれば、結果として困る事が発生したりすることも多いと思います。

ひとつひとつの仕事は、きちんと明確に、
終わりを思い描いてから始めて下さい。

取り組む前に必ず終わりを思い描く、ぜひこの習慣を身につけましょう。

さて、先日ふとこんな事を思いました。
周りから私がどう見えているかということです。

私は楽しそうに見えるか、幸せそうに見えるか、辛そうに見えるか、
苦しそうに見えるか、嬉しそうに見えるか、悲しそうに見えるか、、、

果たして、あなたから私はどう見えているでしょうか(笑)

実際にどう見えていようと、どう見られていようと、
私自身の信義、軸がぶれる事は全くないのですが(笑)
少なからず私が与える影響もあるのかなと思い、、、
どう見えているのかなと思いました(笑)

特に仕事においては、誰もが皆、関わる人に少なからず影響を与えている、
また影響を受けているものです。

どうせ仕事をするのなら、楽しそうにする方がいいでしょうね。
マイナスオーラ全開で仕事をするとか、
不幸せそうな雰囲気を出しながら仕事をするのはやめましょう(笑)

ここ最近のニュースを見ながら、あらためて、、、
当たり前、有難い、必然、偶然、奇跡、想像、幸せ、感謝、危機、決断、被害、
影響、諦め、粘り、行動、執念、身勝手、悲しみ、笑顔などのキーワードが
頭を駆け巡りました。

今日もメッセージを読んでくれてありがとう!

このメッセージを読んでくれたあなたが
少しでも良い方向に進む事を願っています。
そして、応援しています。

ぜひ、メルマガにも登録して下さい!

また、 このブログに興味がありそうな人に
紹介してもらえると嬉しいです(笑)

私は本当に運がいい!

感謝!感謝!感謝!


過去の記事一覧

公式メールマガジン

最近の記事

スポンサードリンク

PAGE TOP