嫌々だろうが、仕方がなくだろうが、どちらにしても、日々仕事と向き合うのであれば、意識して、視座を上げていきましょう!

視座を上げる。

視座を上げるとは、、、
視座を高めることであり、広げることであり、変えることです。

物事を認識する時の立場を上げるという事ですね。

人は、ほとんどの場合、どうしても今の自分の立場で考えます。
もちろんそれは自然なことです。

しかし、成長していくためには、
やはり少しでもいいので、視座を上げることです。

視座を上げないでいると、どういう事が起こりやすいかと言えば、
一言で言えば、それは逃げやすくなるという事です(笑)

逃げです。

たとえば、何かを頼まれた時など、
せっかくスキルを上げて身についてきたのに、
自分はその立場ではないからやらないとか、
やる必要はないとか考えてしまうのです。

これはまさに視座の低さからくる逃げの言い訳です(笑)

他にも、自分のスキルアップにだけ一生懸命で、
それでやっている感、満足感に浸り、
価値基準や判断基準を上げないままでやり過ごしていく人もいます。

まさに自己満足の典型です(笑)

貢献するとか、成果を出すとか、そういう事に興味を持たずに、
自分さえ良ければという考え方に支配されている状態ですね。

1人ですべて完結する仕事であれば、それもありかもしれませんが、
実際に、そういう事はほとんどありません。

たとえば、資格取得などは良い例ですが、
その資格自体はその人の財産でもありますが、
それは、その資格を活かして貢献してこそ、
はじめて本当の財産と呼べるわけです。

視座の低い人は、こういうことを大きく間違いますし、
また、勘違いしやすいです。

なので、仮に資格をたくさん持っている人でも、
視座の低い人は、周りから信用されないし、
周りの人からは、人としてではなく、
ただその資格だけの繋がりになるのです(笑)

わかりやすい例として、資格の話を出しましたが、
視座が低いと、何事においても、逃げの思考になりやすいです。

逆に、視座が高い人ほど、何事に対しても簡単に諦めないし、
トライしようと言う姿勢で望むことが多いです。

視座を高くし、自分自身に刺激を与え続ける事を忘れないようにしましょう。
そうでないと、成長とは程遠いことになってきます。

ちなみに、視座を高く持つこと自体は大事ですが、
仕事においては、それが、自分勝手な自己都合の為ではNGです。

やはり、まずは、求められていることに対して、
視座を高く持つようにしていくことですね。

(今日の一言)
視座を高くしていくためにも、
もっと自分の潜在意識に刺激を与えることだし、
どうしたら、潜在意識に刺激を与えられるか考えてみることです。

視座を低くしていたら、常に逃げられるので楽でしょうけど、
いつまでたっても、物心共に得られるものは変わりません。

社会に出たら、年齢、性別、学歴など、関係ありませんし、
これからますますそうなってきます。
意識して視座を高く持ちましょう。

・言い訳人生から卒業することだ。言い訳し続けても、
 得られるものは何もないし、どんどん信用を失っていくだけだ。

・仕事においては、正論を言えばいいのではない、
 求められていることを理解、把握し、
 それに対して貢献する事であり、結果を出すことが大事である。

・せっかく生まれてきたのだから、諦めの人生、逃げの人生から卒業する。

余談です。このブログ以外にも、noteにも毎日書いているのですが、
昨日は、ある人が、私のことをnote内で、紹介してくれました。
それもむちゃくちゃ褒めて紹介してくれてました。

もちろん、私は、note上の名前で書いているので、
相手の人も私がどんな人なのか知りません。
日々の記事を読んでくれていて、今回、
あらためて紹介してくれたという感じです。

毎日、通勤時に、必ず読んでくれているそうで、
本当にありがたいと思いました。

こういう人が一人でもいるとわかると、やっぱりとても嬉しいし、
実際にこうして紹介されたり、感想をもらえたりすると、
書き続けてきて良かったとあらためて思いますね(笑)

昨日は最強の開運日でしたが、まさに予想外の良い事が起こりました。
やっぱり私は運がいいです(笑)

今日もメッセージを読んでくれてありがとう!

ブログでは書けない事、書きづらい事など、
また、もう少し踏み込んだ本音なども、メルマガでは書いています。
ぜひこのままメルマガにも登録して下さい。もちろん無料です(笑)

https://maroon-ex.jp/fx92090/JkaC0L

このメッセージを読んでくれたあなたが
少しでも良い方向に進む事を願っています。

そして、応援しています。

また、 あなたの周りにいる人に、
このブログを紹介してもらえると嬉しいです(笑)

私は本当に運がいい!

感謝!感謝!感謝!

過去の記事一覧

公式メールマガジン

最近の記事

スポンサードリンク

PAGE TOP